美容外科が女性のコンプレックスを自信へ変える|キレイの秘訣

しぶとい脂肪を解消

レディ

男女共に肥満体型に悩む人が増えてきています。肥満体型を解消する為にはダイエットをすることが効果的ですが、自分で何の運動もせずに効率よく脂肪をなくす為には、岡山の美容外科にて脂肪吸引を受けましょう。

More Detail

無駄毛が生えない肌

医師と患者

夏になると肌を見せるシーンが増えていきます。女性にとって無駄毛処理が欠かせない季節到来だと言えるでしょう。処理の手間を省く為には、岡山にある美容外科に通ってつるつるの美肌を目指すことです。

More Detail

肌が若返る秘密

先生

年令を重ねると、どうしても体内の保湿成分は減少していきます。コラーゲンやヒアルロン酸が徐々に減少していくと、肌は乾燥状態に陥りやすくなりますが、美容外科のフォトフェイシャルを岡山で受けると驚くほど肌が若返ります。

More Detail

変身した女性

鏡を見る人

自分の外見にコンプレックスがあるときには、自分の悩みを叶えられる美容外科に通いましょう。美容外科が日本に浸透してから長いこと経ち、高い需要を誇ることで身近な地域でもすぐ見つけられるほど大人気になっています。初めて美容外科を利用するときは誰でも緊張しますが、多くの美容外科が最初に無料カウンセリングを行なっています。自身が気にしている外見コンプレックスの悩みを相談しながら、理想のイメージを伝え、その姿を叶える為の施術を紹介してもらいましょう。
岡山にある美容外科の中で、最も人気メニューになっているものには二重形成術があります。日本人はホリの深い欧米人と比較して一重であることが多いものです。人形のようなパッチリとした二重になる為に、アイプチやアイテープを用いる女性も多くいますが、メイクを落としてしまうとたちまち元の素顔に戻ってしまいます。長期的に二重でい続ける為には二重形成術が最適でしょう。
二重形成術を大きく二つに分けると埋没法と切開法があり、それぞれ特長が大きく異なります。埋没法は肌にも優しい細い糸で数点留めるだけのシンプルな施術故に、糸を外してしまえば元の目に戻すことも可能です。美容整形術を受けること自体が初めてで、失敗したらどうしようという不安が生じるのであれば、初心者におすすめの埋没法にトライしてみることです。埋没法の場合、糸でまぶたを留める箇所数を決められるので、長期的な二重効果を期待するなら三点から四点留めを選びましょう。二点よりも二重ラインを強力に保ち、例えプールや海に出かけても目元に影響を受けることはありません。

埋没法とは別に、切開法も人気を高める二重形成術になっています。切開法は、元の目に戻せる埋没法とは異なり、一度施術すると元の目に戻すことはできません。その為、施術前には綿密に二重幅の調整が行なわれ、数ミリ単位で希望の仕上がりを求めることが可能です。実際に担当医と相談しながらまぶたにはラインが引かれ、何度も仕上がりを確認できるでしょう。岡山でも高い人気を誇る美容外科は、その仕上がりが分かりやすいように利用者のビフォーアフターの写真を公式ホームページにて掲載しています。同じ岡山にある美容外科であっても、その仕上がりは担当医の施術力によるものです。高い施術力をもつ名医を見つける為にも徹底的に比較していきましょう。
切開法は直接まぶたにメスを入れてまぶたの脂肪を取り除き、希望の二重ラインに沿って縫合されます。どんなに重たい一重でも脂肪を取り除けることから、パッチリとした幅広二重に仕上げることも可能でしょう。元の姿から、まるで別人だと言えるほど変身願望があるのなら、切開法が推奨されています。これまでの印象とは大きく変わるので、まるで本当に魔法がかかって変身したかのような気分になれます。
ただ、メスを用いていることから術後の腫れや赤みは避けられないところです。ダウンタイムが落ち着くまでには1~2ヶ月はかかるので、それを考慮した上で切開法を選びましょう。